Calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

postheadericon 数千年

グラスや窓に当たり前に利用されているガラスですが、これは紀元前数千年も昔から人間の性格に深く関わっている物です。
昔は黒曜石や矢じりまたは刃物として利用されていました。
人間がガラスを作るようになったのは1600年頃とされています。

現代で1番ガラスを製造する方法として知られている宙吹きがありますが、これは1世紀頃に考案された物です。
ガラス製造には高温の溶融作業が必要となっています。
今ではアートやインテリアとして当たり前に利用されていますが、昔は高温で溶融する作業が非常に困難で、大量生産が出来なかった為に大変貴重な商品でした。
当時から装飾品や工芸品として利用される傾向にありました。利用方法は現代のアートやインテリアと似ています。

アートやインテリアに、日常生活にと当たり前に利用されるようになったのは、耐火性の容器が発明されてからとなっています。
これの登場によって宙吹きだけでなく延伸やプレスを利用した成形方法が利用できるようになりました。
それにより、複雑な形状の製品も簡単に作る事ができるようになり、一気に世の中に普及していったのです。

また、12世紀にはベニスやボヘミアでガラスの加工技術が開花し、アートやインテリアに広く利用されるようになりました。
その影響で現在でもその地方では伝統として細工方法が伝わっています。

オススメ外部リンク

ステンドグラスに作品を作るなら:トムソーヤ